読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こめやまのブログ

北海道オホーツク地方在住のこめやまが、北海道生活について発信するブログ

AnyDeskで親のパソコンを遠隔操作してRegistry Optimizeを駆除する方法

インターネット パソコントラブル

前回の記事では、遠方に住む高齢の義母がRegistry Optimizeという迷惑ソフトを知らずに入れてしまい、パソコンを起動するたびに画面に「レジストリエラーが検出されました」と出るので困っているという話を書きました。そこで今回は遠隔操作ソフトAnyDeskを使って、自分のパソコンから義母のパソコンの迷惑ソフトを削除してみることにしました。

f:id:wandafa:20161229065528p:plain

AnyDeskを義母のパソコンで使う前にひとまず自宅で、自分のパソコンから妻のパソコンを遠隔操作できるかを試してみました。操作手順は次のとおりです。

  1. AnyDeskをダウンロードします。インストールはしません。
  2. リモートする側(クライアント)・される側(ホスト)の双方で同時にAnyDeskを起動します。ダウンロードしたファイルを実行すればよいだけです。
  3. (ホスト)のAnyDeskに表示される「アドレス」を、(クライアント)のAnyDeskに入力します。
  4. (ホスト)の画面に「接続を承諾しますか?」と出るので、「承諾」をクリックして選びます。
    これで遠隔操作ができるようになります。事前の設定などは一切ありません。
  5. 終了するときは(ホスト)の画面に表示されている「終了」をクリックします。

やってみると簡単にできました。AnyDeskのシンプルさに驚くばかりです。手間のかかる事前の設定などが全くありません。これならば義母の負担も少なくて済むはずです。

ひと通り試してみて自信がついたので義母に電話し、迷惑ソフトRegistry Optimizeのアンインストールに取り掛かりました。
1.~5.の手順にとおり実行します。

1. AnyDeskをダウンロード

まずAnyDeskのサイトを義母にGoogleで検索してもらいました。
実は今回の作業の中で義母に「AnyDesk」を英字で検索してもらうところが一番苦労したかもしれません。

AnyDeskは海外サイトです。https://anydesk.com/remote-desktop

Googleでの検索結果のスクリーンショットを載せます。
下図の中の★→で示したサイトがAnyDeskのトップページへのリンクです。

f:id:wandafa:20161228233211p:plain

下図はAnyDeskのトップページを開いたところです。
緑色の[ Download ]のボタンをクリックすると無料版をダウンロードするページへ移動します。

f:id:wandafa:20161228233543p:plain

次はダウンロードのページです。 (下図)
小さい文字で書かれた「AnyDesk.exe」をクリックします。するとダウンロードが始まります。

f:id:wandafa:20161228233837p:plain

2. AnyDeskを起動させる

「AnyDesk.exe」のリンクをクリックすると、(IE11では)画面の下部に、[実行]/[名前を付けて保存]/[キャンセル]を選ぶように、情報バーが現れます。

義母には[実行]を選んでもらいました。手っ取り早く確実にAnyDeskを起動できるからです。

[実行]をクリックすると、下図のようなWindowsのファイヤーウォールのメッセージが義母のパソコンに表示されます。
[アクセスを許可する]をクリックしてもらいます。
するとようやくAnyDeskが起動します。

f:id:wandafa:20161228234332p:plain

3. ホストの「AnyDeskアドレス」をクライアントに伝え、クライアント側で入力する

下図はAnyDeskが起動したところです。シンプルな画面です。f:id:wandafa:20161228234626p:plain
遠隔操作される側(ホスト)とする側(クライアント)の両方でこの画面を表示させます。「AnyDeskアドレス」は双方で違う固有の数字です。(アドレスは次回の起動も同じでした。どうやらパソコンによって固定されるようです。)

ポイントは次です。ここでホストとクライアントを取り違えないようにします。

●遠隔操作される側(ホスト)のアドレスを、遠隔操作する側(クライアント)の「ほかのワークスペース」の欄に入力する

義母の画面の「AnyDeskアドレス」を電話で教えてもらいました。数字だけなので伝えやすいと思います。
そのアドレスを、自分の画面の「ほかのワークスペース」の欄に入力します。
下図は自分のパソコン(クライアント)のAnyDeskの画面です。f:id:wandafa:20161228234804p:plain

そして[接続]をクリックします。

4. ホストがクライアントの接続を承諾する

[接続]をクリックすると、義母のパソコンに下図のメッセージが表示されました。
下図は義母のパソコン(ホスト)の画面です。

f:id:wandafa:20161228235105p:plain

義母に[承諾]をクリックしてもらいます。

5. 接続完了

自分のパソコンの画面いっぱいに、AnyDeskの表示が出ます。
義母のパソコンの遠隔操作ができるようになった状態です。
下図はリモート接続がつながった直後の自分のパソコンに表示されている義母のパソコンの状態です。

f:id:wandafa:20161228235448p:plain

AnyDeskのウィンドウを最小化すると、明らかに自分のものとは違うデスクトップが現れました。南国のシーサイドの風景でした。親のパソコンのデスクトップです。
こんな写真をデスクトップに使っているのかと驚きつつも、自分のマウスを動かすと南国の中でマウスポインターが動きました。

リモート接続が確立したら、義母はもう何もすることはありません。こちらの作業が終わるまで、1時間くらい自由行動にしてパソコンに触らないでいてもらいました。

早速「Registry Optimizer」のアンインストール作業です。
コントロールパネルのプログラムと機能 から 「WinZip Registry Optimizer」を見つけ出しアンインストールすればOKです。あっさりと片付きました。
ついでに他にも気になったところをチェックして、あっという間の1時間でした。

6. AnyDeskの終了

最後にAnyDeskの終了です。
義母に電話で作業が終わったことを伝えて、パソコンの前に来てもらいます。そしてAnyDeskの画面の[終了]をクリックしてもらいます。
下図は義母のパソコン(ホスト)に表示されているAnyDeskの画面です。

f:id:wandafa:20161228235551p:plain

以上で遠隔操作の終了です。

AnyDeskは使ってみると驚くほどシンプルでした。動作も思っていたより軽快です。どうやって親のパソコンを治したらいいかと迷っていたのが馬鹿らしくなるくらい、あっさりと迷惑ソフトを削除することができました。今後も義母のパソコンに同様のトラブルがあったときも、AnyDeskが強い味方になると思います。
次回AnyDeskを使うときは、ウィンドウズのダウンロードフォルダにダウンロードされているので、そこからAnyDeskを呼び出せるはずです。

スポンサードリンク

 

親のパソコンのRegistry Optimizerを遠隔操作で駆除したい

パソコントラブル インターネット

遠くに住んでいる親のパソコンに詐欺ソフトが!

妻の母からパソコンで困っていると電話がありました。
なんでも画面の真ん中に「レジストリエラーが検出された」と出るとか。
義母はそれがWindowsの正規のメッセージだと思ったらしくいわれたとおり操作して、さんざん時間をかけてパソコンをスキャンした挙句
「 注意 〇〇〇個 レジストリエラーが検出されました 」とエラーの数が半端でない。
幸い義母はその表示を無視して画面を閉じたのですが、毎回パソコンを起動する度に出るので困る、と。

問題の画面を出してもらって、電話口でたどたどしくタイトルバーの英字を読んでもらったところ、どうやらRegistry Optimizer(レジストリオプティマイザ:省略しないとWinZip Registry Optimizer)というソフトを知らないうちにインストールしてしまった模様です。

80歳を過ぎている義母は、ネットを見たり、音楽や動画を視聴したりと普段から積極的にパソコンに向かっていますが、それがアダとなって罠にはまってしまったようです。
よく見かける「!パソコンのパフォーマンスが低下しています。今すぐ修復」等のアドウェアをクリックしてしまったのでしょう。

WinZip Registry Optimizerとは、「レジストリエラーが検出された」と言って脅しておいてエラーを直したければ有料のソフトを買わせようとする詐欺まがいのソフトです。似たようなものにRegClean Proなどがあるようです。

たぶんアンインストールすれば2度と出てこないと思いますが、遠く離れて暮らしているため、帰って直してあげることができません。

電話で指示しながら削除してもらおうかと思いましたが、80歳にしてはパソコンに慣れている方だとしてもメンテナンスに関わる操作は義母にはきびしい、と思いました。
プログラムのアンインストールとなると細かい文字の英字を読まなくちゃいけないし、アンインストールするプログラムを間違えると大変まずいし・・・

なんとかできないかといろいろ調べたら、遠隔操作に行き当たりました。
リモートで親のパソコンを操作できれば、このくらいのトラブルなら解決してあげられるはずです。

調べてみるといくつかの方法があるのがわかりました。
ひとつはWindowsリモートデスクトップという機能を使うこと、または遠隔操作ソフトを使うことです。

最初にWindowsの「リモートデスクトップ」を思いつきましたが、接続される側(ホスト側:義母のPC)で事前に設定する必要があります。
例えば
リモートデスクトップを実行を許可する設定
リモートデスクトップ専用のログインユーザーを作る設定
Windows ファイアウォールリモートデスクトップ接続を許可する設定
など、電話で指示して母にやってもらうにはハードルが高過ぎるように思われました。

もっと簡単に使える遠隔操作の方法はないか探したところ、リモート操作ソフト「AnyDesk」の評判が良いことを知りました。

リモートデスクトップよりも簡単!「AnyDesk」

「AnyDesk」が良いと思った理由は
・接続される側(ホスト側:義母のPC)での準備作業が少ないこと。

 今回の場合、実際に使えるようになるまでに、母にしてもらうことは
   ●「AnyDesk」を検索して、ダウンロードサイトへ行くこと。
   ●「AnyDesk」をダウンロードして実行すること。(インストールは不要)
   ●「AnyDesk」の接続アドレスを電話で教えてくれること。
   ●「接続許可」を求める画面が出たら「接続許可」をクリックすること。

これだけです。義母側であれこれ設定する必要は全くありません。それが何よりです。

さらにAnyDeskの良い点は
・セキュリティ的に安全なこと。
 通信の内容はネットバンキングと同レベルに暗号化されているとのことです。
・無料で使えること。
有料版もありますが、今回は無料の範囲内で充分です。

ということで、「AnyDesk」を使って義母のパソコンを遠隔操作し、WinZip Registry Optimizerをアンインストールすることにしました。


次の記事に続きます。

スポンサードリンク

 

Windows10ではデスクトップの背景の色を自由に設定できないのか?

Windows10 パソコントラブル

 ◆Windows10ではデスクトップの「色を細かくカスタマイズ」する項目が無くなった?

パソコンのデスクトップは、背景をシンプルな単色にして使っています。
Windows10にアップグレードしても、デスクトップには
デフォルトの画像を使わないで、背景を単色に変更しました。

「設定」の「パーソナル設定」の「背景」に
「背景▼」を「単色」に変えると24色のパレットが表示されて
その中から色を選べます。(下図)

f:id:wandafa:20160322003116p:plain

このシンプルな単色の背景も良いですけど
もっと細かく「自分の好きな色にしてみたい。」ということもありますよね。

デスクトップの背景色を好きな色に設定するのはこれまで同様に
すぐにできるだろうと思っていたら
Windows10以前では確かあったはずの場所に「色をカスタマイズ」できる項目が見当たらないのです。
(下図)

f:id:wandafa:20160322010343p:plain

調べた結果、
Windows10では「色を細かくカスタマイズ」する項目は無くなった!
ことが判りました。ないのかと思うと不満が募ります。

じゃあ全く、好きな色にはできないのかというと
そんなことはありません。ちゃんとできました。

どうやってするのか、以下の実例で紹介します。

 ◆Windows10でデスクトップの背景の色をRGB値で指定する

デスクトップの背景の色を「赤紫」の状態から
Microsoft Edgeのショートカットアイコンの青い色に変更したいと思います。
この青い色は調べたら、RGB値で(0,119,215)でした。
デスクトップの背景の色をこのRGB値にすると
アイコンが背景色の青に溶け込むように表示されるはずです。 (下図)

f:id:wandafa:20160322013200p:plain

操作開始

 1)「Windowsキー」+「R」を押します。
「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されます。(下図)

f:id:wandafa:20160322201647p:plain

2)次のコマンドを入力します。(下図)下のテキストをコピペして使えます。

control /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper

f:id:wandafa:20160322201948p:plain

[OK]をクリックします。

3)「デスクトップの背景」のダイアログが表示されます。(下図)

下の方に「その他」という項目があります。これが探していたモノです!
コマンドで対応しないとこのダイアログは表示されないようです。

f:id:wandafa:20160322203950p:plain

「その他」をクリックします。

4)昔からお馴染みの「色の設定」ダイアログが表示されます。
  ① RGB値を入力します。(赤に0、緑に119、青に215)
  ② [色の追加]をクリック。
  ③ [OK]をクリックして閉じる。

f:id:wandafa:20160322204229p:plain

以降、「デスクトップの背景」のダイアログに戻り[変更を保存]をクリックして
操作完了。

f:id:wandafa:20160322210034p:plain

ちょっとしたことなのに、コマンド対応しないとできないとは
以前に比べて手間が掛かることになってしまいました。
それでも無事に変更することができました。

スポンサードリンク

 

 

iTunesで分かれたアルバムをバッチリ統合できる裏技

パソコントラブル 音楽

ドライブ中はiPadに入れておいた音楽を聴いているのですが
同じアルバムの曲なのに、アルバムが2つに分かれて表示されてしまうことがあります。

f:id:wandafa:20160312004514j:plain

(上図)「カーペンターズ」というアルバムが2つに・・・

 

iPadをパソコン(Windows)に接続して、iTunes
曲のプロパティを開いてみて詳細を確認してみました。
iTunesのバージョンは12です。

アーティスト、アルバム、アルバムアーティストはもちろんですが
ジャンル、アートワークも同じものが入力されています。(下図)

f:id:wandafa:20160312004651j:plain

念のためiPadを再起動してみても直りません。原因は不明?

あれこれいじっているうちに
たまたま次の方法でアルバムをバッチリひとつに統合することができたので
忘れないうちに書き留めておきます。

 

iTunesで分かれたアルバムをひとつに統合する操作】

iTunesを起動します。

1)1つのアルバムに統合したい曲をすべて選択します。

   ※Ctrl+クリックして複数の曲を同時に選択していきます。

2)プロパティを開きます。

   選択した曲の上で右クリックして「プロパティ」をクリック。
   「複数の曲の情報」が表示されます。

3)アーティストを仮に適当な名前に変えます。

ここではアーティストを「Carpenters」から「Carpenters01」に変えました。
iPadを見ると、この時点でひとつのアルバムに統合されました。(下図)

f:id:wandafa:20160312005002j:plain

4)いま統合した曲を全部選択して
プロパティを開き、再び「複数の曲の情報」を表示させます。
あらためて、アーティスト名を正しく入力します。

5)iPad上でアルバムは統合されたまま、アーティストが変更されました。

アルバムの統合に成功!(下図)

f:id:wandafa:20160312005117j:plain

以上で作業完了です。

※面倒でも別なアーティスト名を入力しておいて
まず統合させることがポイントです。

これまでネット上にある「itunesでバラバラになったアルバムを統合する方法」を
あれこれ検索しては試してきましたが、きれいに統合できませんでした。
が、
どうやらこの方法は鉄板みたいです!!!
少々変則的ではありますが、何度ためしても確実にアルバムが1つにまとまりました。
同じようなお悩みをお持ちの方はぜひ一度お試しください。

スポンサードリンク

 

 

Window10で「WebとWindowsを検索」の「検索ボックス」を非表示または「検索アイコン」を表示させる操作

Windows10 パソコントラブル

Windows10にアップグレードしてから「使い難い」と思うことを書きます。

Window10で「WebとWindowsを検索」と書かれたボックス、スタートボタンのすぐ隣にあってファイルやフォルダーを指定して検索する「検索ボックス」ですが、邪魔に感じました。

スタートボタンのすぐ横には頻繁に使うアプリのアイコンを並べておきたいところなのに幅の取りすぎです。

 次のように操作したら、「検索ボックス」を非表示に出来ました。

f:id:wandafa:20160223012652p:plain

f:id:wandafa:20160223012707p:plain

ところが、「検索ボックス」を非表示にしてしまうと、今度は検索したいときに不便です。 スタートメニューを開いてみてもWindows7のように「検索ボックス」はありません。

結局、タスクバーに「検索アイコン」を表示させることにしました。「検索アイコン」が表示させる操作は次の通りでした。

f:id:wandafa:20160223012817p:plain

f:id:wandafa:20160223012827p:plain

 

「検索アイコン」をタスクバーに表示させておく。Window10にしてからするようになった新しいことですが、今のところこれがいいみたいです。

スポンサードリンク