読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こめやまのブログ

北海道オホーツク地方在住のこめやまが、北海道生活について発信するブログ

湧別の美味しいうどん屋で昼食、コムケ湖とラベンダーを見た

北海道にも青空いっぱいの夏が来ました。
サッカーWカップも終わり、気晴らしに足を延ばして海へドライブしてきました。

まずは腹ごしらえです。
湧別の「麺屋おほーつく」といううどん屋さんへ今回初めて行きました。ひと月前に行ったときは定休日でそのリベンジです。ちょうどお昼時の12:30頃着いたので平日にもかかわらず店内はほぼ満席状態でした。人気のメニューは「エビもちぶっかけ」(840円)らしいです。妻は「エビもちぶっかけ」を私は「ちくわ天玉ぶっかけ」(800円)を注文。暑い日だったので冷たいうどんにしました。以前はそばもやっていたそうですが今はメニューから外されています。

f:id:wandafa:20140722163001p:plain

ちくわと半熟卵の天ぷらがどんと乗ったぶっかけうどんです。大根おろしとレモンスライスを絞って入れて、20cmもあろうかというちくわが豪快に大きくて見た目通りに美味しかったです。一気に食べたせいか完食後はちょっともの足りなさを感じましたが、早めにおなかがすいてきたらこの近所にあるお気に入りのお店「だるま軒」に行って「かつ丼」を食べようと妻と相談しました。ひと月前、「だるま軒」の「かつ丼」を食べてすっかり気に入ってしまったのです。

 

食後はコムケ海岸に行くことにしました。「麺屋おほーつく」から車で30分のところにあります。コムケの海岸は海水浴場でないので誰もいない何もない海岸ですが、砂浜沿いに一本の道がありこの道を進むと、右はオホーツク海、左はというとコムケ湖といった広々した景色が遙かに広がっています。湖と海と接近して細長い陸地で隔てられた地形が独特の景観に渡るこの砂道を通るのが好きで、パソコン画面の前に座ってばかりの自分には、普段とは大違いのこの視界の広さが何より気持ちいいです。

f:id:wandafa:20140722163122j:plain

オホーツク海

f:id:wandafa:20140722163200j:plain

コムケ湖

f:id:wandafa:20140722163258j:plain

写真はエゾノヨロイグサの一種でしょうか。背の高い夏草やハマナスが咲く手つかずの自然の中、途中で車を降りて深呼吸するなどしながら、一本の砂道を進みます。行けるところまで行くと、最後は農地へ出て国道へ繋がっていました。

 

それからちょっと足を延ばして紋別に行ってきました。新しくできたオホーツク流氷公園にラベンダー咲いていると聞いたからです。

f:id:wandafa:20140722163359j:plain

f:id:wandafa:20140722163417j:plain

広い公園の一角にラベンダーが整然と咲いていました。新しい公園なのできれいに整備されていて通路も広くゆったりと歩いて周ることができます。写真を取っていたのですが日差しが強くなって照り返しがきつく暑くて歩くのが辛くなってしまいました。柵の向こうにはオホーツク海が広がっているのですが、柵があって海が見えず青い海をバックにしたラベンダーの写真が取れないというのは残念です。きれいにデザインされて一面紫色に広がるラベンダーの眺めは壮観なのですが、ラベンターにもっと近づけるように畑のなかを歩ける小道があったらもっといいのではと思いました。なんでも7月25日からは夜間ライトアップされるそうです。

 

お腹の具合もすっかり収まりがつき「だるま軒」の「かつ丼」はまたの機会とすることにして帰途につきました。