読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こめやまのブログ

北海道オホーツク地方在住のこめやまが、北海道生活について発信するブログ

ウユニ塩湖をWord(ワード)で作ってみた

Word・Excel・Powerpoint

死ぬまでに一度は見てみたいウユニ塩湖。
雨期の湖面が鏡のように大空を映す風景はまさしく絶景です。
画像を眺めてきれいだな~と癒やされていたのですが
ふと「この風景ってWord(ワード)で作れるのでは?」と
思いつき、早速作ってみました。

前準備

●写真の準備

用意する写真は2つです。
雲が適度に映っている写真を用意しました。
それに砂漠の地面を写したもの、砂が白っぽいとそれらしく見えます。

f:id:wandafa:20130105063730j:plain f:id:wandafa:20151103010448j:plain

●Wordの設定

Wordでの準備を一つだけしました。
画像を挿入される形式を「行内」でなく「前面」にという設定にしました。
そうすると貼り付けた画像をドラッグで好きな位置に移動できるからです。
 f:id:wandafa:20151103005028p:plain

(図は「Wordのオプション」ダイアログ)

※「前面」にする設定手順
①〔ファイル〕→〔オプション〕で[Wordのオプション]ダイアログを表示する。
②左側のメニューから〔詳細設定]を選ぶ。
③「切り取り、コピー、貼り付け」項目の中から
〔図を挿入/貼り付ける形式〕を「前面」に変更する

 作業開始

●写真の貼り付け

写真を保存してあるフォルダーの ウィンドウとWordのウィンドウを並べて開いておき
挿入したい写真をWordにドラッグすると写真が挿入されます。
写真が重なった状態になるので、ドラッグして並べました。
「前面」なので写真をドラッグするだけで簡単に移動できます。

f:id:wandafa:20151103012529p:plain

●写真のサイズ変更

写真の横幅が違っていたので同じサイズに合わせました。
2つの写真を同時に選択して、数値を入力してサイズをピッタリ調整します。
〔図ツール〕の〔書式〕タブにある〔サイズ〕グループの〔横幅〕に数値を入力すれば
2つの写真共に同じサイズに変更されます。
図では「125」と入力して、2つの写真が共に横幅「124.99㎜」になったところです。

 f:id:wandafa:20151103013625p:plain

●レイヤー名の変更、レイヤーの表示順の変更

〔オブジェクトの選択と表示〕の作業画面を表示させると、貼り付けた画像の状況が解りやすいです。
〔図ツール〕の〔書式〕タブにある〔配置〕グループの〔オブジェクトの選択と表示〕をクリックするとWordのウィンドウの右側に〔オブジェクトの選択と表示〕の作業画面が表示されます。
これはPhotoshopフォトショップ)のレイヤーにそっくり。
「目」のボタンでレイヤーの表示/非表示が切り替えられるところも一緒ですね。

図では、レイヤー名を「空」「大地」と分かりやすい名前に変えました。
レイヤーの順番を「空」が上、「大地」を下にしました。
〔オブジェクトの選択と表示〕の下部にある〔並べ替え〕の▲・▼ボタンで
順番を変えられます。
レイヤーの順番が上の方が手前に表示されます。 

f:id:wandafa:20151103014204p:plain

●写真のトリミング

「空」の写真で、水平線から下の海の部分をトリミングしました。
海の部分は今回は不用です。

f:id:wandafa:20151103014444p:plain

●空が反射する水面をつくる

青空が映る水面は「図のスタイル」の「反射」で作りました。

「空」の画像を選択して、〔図ツール〕の〔書式〕タブにある
〔図のスタイル〕グループの〔図の効果〕→〔反射〕→〔反射のオプション〕
とクリックして〔図の書式設定〕ダイアログの〔反射〕の設定画面を表示させます。

f:id:wandafa:20151103014726p:plain

下図のように各項目の数値を設定しました。

f:id:wandafa:20151103014712p:plain

●水面に沈む大地を作る

「大地」の写真を水平線の付近まで移動させます。
2枚の写真がずれないように気を付けました。

「大地」の写真を青っぽく色を変えて、水に沈んでいる感じを出しました。

「大地」の画像を選択して、〔図ツール〕の〔書式〕タブにある
〔調整〕グループの〔色▼〕→〔色の変更〕の〔青・アクセント1(淡色)〕を選択。

f:id:wandafa:20151103014912p:plain

ひとまず完成です。水面に空が反射している感じがいい具合に出ています。

f:id:wandafa:20151103015003j:plain
ここまで作ったらやっぱり、湖面の上に何か置いてみたくなりました。
たとえば猫とか。

そのためには
猫の写真でしかも背景が白抜きのような一色のものがあれば
Wordだけでできるのですが
丁度よいものがなかったので、ここだけはPhotoshopで加工しました。

●猫を湖面上に配置する

Wordに猫の写真を挿入したら
猫の部分だけを残すために、猫の周囲の色を透明色にしました。

f:id:wandafa:20151103020446p:plain

最後に、「空」の反射を作った時と同様に、猫にも反射の効果を付けます。

これで完成です。意外と簡単に作れました。

f:id:wandafa:20151103020653j:plain

Wordの「図の効果」の「反射」は
ウユニ塩湖画像を作るには最適の機能でした。

 スポンサーリンク
 

Excel(エクセル)で条件付き書式を複数行に一度に付ける一括設定

Word・Excel・Powerpoint パソコントラブル

こんにちは
またExcelの話です。
Excelの検定試験勉強で覚えたことを忘れないうちに書いておきます。

条件付き書式を一括して付けたい

Excel(エクセル)で、条件付き書式を複数行に一度に付けたい。
たとえば、次の図のような「アイスクリームの販売数」の集計表で
「各アイスクリーム商品で、最も売れた月に色を付けて目立たせたい」
というようなとき

f:id:wandafa:20151007001701p:plain

ポイントは
条件付き書式をつけたい範囲を代表して
ひとつのセルに、すべてのセルに当てはまる条件を数式で記述すること。
そのためには、相対参照・絶対参照・複合参照をうまく使っていきます。

条件を表す数式を検討

まずひとつのセルだけで考えてみます。

たとえば図のように、条件付き書式を付ける対象がセルC5だけならば
どのように上記の条件を組み立てたらよいかというと

f:id:wandafa:20151007002734p:plain

「対象がC5のとき、C5の値がセル範囲C5~H5中の最大値と等しいなら、色を付ける」

です。これを数式で表すと

対象がセルC5のとき、条件式はC5=MAX(C5:H5)。"真"ならば「色を付ける」

今度は、この条件式のセル参照に注目しながら、セル範囲に拡げて考えてみます。

操作対象のセル(アクティブセル)を、範囲C5~H11の中で移動させても
条件式が正しく計算されるように、次のようにセル参照を手直しすればよいのです。

C5=MAX(C5:H5)の
左辺は、アクティブセルの移動に追随して変化させる。(相対参照)
右辺は、行はアクティブセルの移動に追随して変化させるが、
    列はC列~H列に限る。(列を固定した複合参照)

式で表すと、

C5=MAX($C5:$H5)

この条件式を
セル範囲C5~H11が選択されていて、セルC5がアクティブセルとなっている状態で設定すれば、セル範囲C5~H11のすべてに目的の条件が正しく付けられます。

f:id:wandafa:20151007005311p:plain

操作手順

セル範囲C5~H11に上記の条件付き書式を付ける操作手順です。選択した範囲の中でアクティブセルがC5にある場合で操作を進めます。

① セル範囲C5~H11を選択します。
②[ホーム]タブの[条件付き書式]→[新しいルール]と進みます。
③[新しい書式ルール]ダイアログボックスが表示されます。
④[数式を使用して、書式設定するセルを決定]をクリックします。
⑤[次の数式を満たす場合に書式設定]の欄に
  半角で「 = 」(イコール)を入力します。

f:id:wandafa:20151007005721p:plain

このイコールは、「この後に式を入力しますよ」という合図です。
このイコールの後に 論理式 C5=MAX($C5:$H5)を入力することになります。

⑥ セルC5をクリックすると、「$C$5 」とセルC5への絶対参照が入力されます。
  F4キーを3回連続で押して「 $C$5」を相対参照の「C5」に変更します。
⑦ 式を続けて「=MAX( 」と入力します。
⑧ セルC5 から セルH11までをドラッグして、セル範囲C5:H11を指定すると
  数式には「$C$5:$H$11」と絶対参照のセル範囲が入力されます。
 F4キーを2回連続で押して「$C$5:$H$11」を列固定の複合参照の
 「$C5:$H11」に変更します。
⑨ MAX関数を〆る「)」を入力します。
入力した数式は図のようになります。

f:id:wandafa:20151007010130p:plain

後は塗りつぶしの書式を設定します。

⑩ [書式]ボタンをクリックします。

f:id:wandafa:20151007010314p:plain

⑪ [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されるので、
  [塗りつぶし]タブをクリックします。
⑫ 背景色のパレットから青系の色を選びました。
⑬ [OK]ボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

f:id:wandafa:20151007010428p:plain

⑭ [新しい書式ルール]ダイアログボックスに戻ります。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
⑮ 完成です。
一度にパッと色が付くところがとても小気味いいですね!

f:id:wandafa:20151007010514p:plain

以上、簡単な集計表を使って、条件付き書式を一括設定してみましたが
条件付き書式の一括設定は、Excel(エクセル)でカレンダーやスケジュール表等で「土曜日・日曜日」に色を付けたい場合にもよく使われます。

以下のリンク先で詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

条件付き書式を複数のセルに一度に付けられる一括設定操作

 

Excel関数をネストする式の速くて楽な入力方法

パソコントラブル Word・Excel・Powerpoint

■ 手入力、ボックス入力、操作は一長一短

こんにちは、お久しぶりです。

早速ですがExcelの話です。
Excelで関数入力は、手入力かボックス入力か、どちらでしてますか?
キーボードをたたいて、関数名を手入力していく”手入力派”
マウス操作で「関数の引数」ダイアログボックスを使う”ボックス派”
2つに分かれるのでは?

私は”ボックス派”です。
「関数の引数」ダイアログボックスが頼りになるからです。

それに手入力だと、引数を区切る「 ,」、関数を閉める「 )」はもちろん
文字列を括るダブルクォテーションなども手入力で、少し面倒な気がします。
ボックスの方がいろいろ自動で補ってくれるので私には楽なのです。

しかしボックス入力で不便なのは、最初の関数の呼び出しに手間がかかること。
[fs]ボタンをクリック後に表示される[関数の挿入]ダイアログボックスで
「何がしたいかを簡単に入力して、[検索開始] をクリックしてください。」
といわれても間遠すぎて、普通は検索しないでしょう。
他の操作で関数を探さないといけません。

f:id:wandafa:20150923113619p:plain
【 図は[関数の挿入]ダイアログボックス 】

 一方、手入力では「数式オートコンプリート」が効くので
関数の呼び出しは速いです。
関数名の最初の1~2文字を打てばリストに表示されて出てきます。

f:id:wandafa:20150923125328p:plain
【 図は「=v…」と入力したところ。数式オートコンプリートのリストが表示される。 】

手入力、ボックス入力のどちらも一長一短です。

■ 関数をネストする式を入力するときは

単純な計算式なら慣れている操作で行なえばよいのでしょうが
少し複雑な計算式を入力するようなとき
たとえば、関数をネストする(関数の中に関数を入れる)式などのときは
”ボックス派”は大変です。

「関数の引数」ダイアログボックス操作中に、関数を入れ子にするためには
わざわざ「名前ボックス」の▼をクリックして
ドロップダウンリストの最下の項目「その他の関数」から目的の関数を挿入する?
視線の移動やクリック数が多く、煩わしさを感じます。

f:id:wandafa:20150923160917p:plain
【 図はVLOOUP関数の「関数の引数」ダイアログボックスで「検索値」に、他の関数をネストして挿入するために「名前ボックスの▼」→「その他の関数」と操作しているところ。 】

ちなみにLibreOffice表計算では、
「関数ウィザード」ボックスに「fx」(関数の挿入)ボタンが付いています。
あった方がやっぱり便利ではないでしょうか。 

f:id:wandafa:20150923162945p:plain
【図はLibreOffice表計算の「関数ウィザード」ボックス。Excelの「関数の引数」ボックスにあたる。】

次期Office2016でも「名前ボックス」の▼→「その他の関数」は変わらないのでは。

とにかく、関数をネストする式を手早く、楽に入力したい。
関数を呼び出すのは、手入力が速くて
引数の入力は、ボックスを使いたい。
ならば合体技で操作してみました。

具体的な操作手順は、こちらのサイトで簡単な計算例を用いて紹介しています。
ぜひご覧ください。

>> Excelで関数をネストする式の速くて便利な入力操作

スムーズに数式が入力できますよ。

王様の涙で、巨人の優勝に乾杯

「王様の涙」を飲んでみました。
ワンコインで買えて美味しいワインだと、ネットの評判になっていました。
安いのに王様の涙という名前がしゃれているので気になっていたのです。

f:id:wandafa:20140927220716j:plain

飲んでみると、これはなかなかいける!
王様の涙は、評判通りの美味しさです。
渋味がなくてスッキリ。
安いワインにありがちな舌を刺す雑味もありません。
どんな料理にも合いそうな飲みやすいワインです。

夕飯のとき「今夜巨人が優勝するから野球を見ながらワインが飲みたい」
と妻が急に騒ぎ出したため
急きょ近所の店に買いに行かされたというわけで。
赤と白があり、赤が美味しいと聞いていたので
しっかり赤を選びました。

いい調子で飲んでいたら
妻のお気に入りのアンダーソンが見事なホームラン!

f:id:wandafa:20140927220853j:plain

続いて、ずっと応援していた村田にも一発が出て

f:id:wandafa:20140927220930j:plain

巨人も妻も最高潮に盛り上がっています。
テレビを写真で撮ってとご命令が下り、ワインを中断して撮影しました。
動くのでなかなか撮りづらい。

f:id:wandafa:20140927220758j:plain

妻の野球談議も熱を帯びてきて、
最近話題の清原のことまで話がおよび
清原がどうして離婚にいたったかを延々と聞かされました。
芸能ニュース的なアレは自分は疎いので
詳しいなと半ば呆れながらもフンフンうなづいておきました。

そもそも、私は子供の頃からのライオンズファン。
清原は彼が高校生のときからよく見ています。
結婚したばかりの頃は、野球のことなど何も知らない妻を連れて
西武球場によく野球を見に行ったりしてたものです。

いつしか妻は野球熱に感染してしまい、今では私よりも詳しくなって
すっかりお株を奪われているのです。
とうとう私も巨人ファンに改宗させられました。

福留3ランで広島が逆転負けを喫し、
無事に巨人の優勝を生でテレビで見られました。
ワインも美味しかったし、妻はしばらく機嫌が良いことでしょう。

 

増税前と後と変化したこと

ブログ

あまり夏らしくなかった夏が終わろうとしています。
この夏は天候不順だったせいか、あまり遠出もしませんでした。
もっともそのおかげで出費が少なかったとも言えますが。
増税後は、気づけば遠出を控えるようになっていました。

消費税が8%になってからお金の使い方が変わっていると思います。

まず食品の値段が高くなったと感じます。
いつもスーパーで買っていた食品が当然ながらきっちり上がっていて
結構心理的に圧迫感を感じます。
なのでいつもよりはいくらか切り詰め気味になっています。

ガソリンも依然として高いですね。
円安のせいもあるかもしれませんが、一時期の最高値に肩を並べそうな
勢いで上昇してきています。
毎日使うものだけに節約は難しいのですが
せいぜいエコ運転を心掛けるしか対策できません。

電気代は、原発停止のため北電ではさらに値上げするといっています。
消費税増税とダブルショックで家計に響いてきそうです。

そういうわけで今までと考え方も少し変わりました。
掃除機が壊れそうなのですが、以前ならもはや「買え替え」レベルなのに
「まだ使えるな」と考えるようになっています。

この先消費税が10%になるかもしれないので
もっと根本的に、住宅ローンとか保険関係とか
生活に掛かる費用から見直す必要があるかもしれません。

将来、もっときっちりした計画を立て直すなら
一度は税理士などプロのご意見を聞いてみることもありかと思います。
たとえばこんなサイトも参考になります。

アベノミクス成長戦略で、収入が増えればいいのですが
なんかそんな気配もないので苦しくなる我が家の家計です。

皆さんは増税後お金の使い方が変わったでしょうか?